国内で普及が進む太陽光発電!どんな長所があるのでしょうか?


日光で安定的に発電が出来る

太陽光発電の長所として大きいのが、安定的にクリーンエネルギーを生産出来る点です。日光が地上に降り注がない日は、ほとんどありません。ソーラーパネルは技術革新によって僅かな日光でも電気が生産可能となりました。雲が空を覆う曇天や大雪、台風といった異常な気象状態だと流石に安定的な発電は難しいですが、一方で、ごく普通の曇りや雨程度の悪天候であればクリーンエネルギーの生産が充分行えます。もちろん晴天であれば効率よくソーラーパネルが稼働でき、家庭の消費電力を上回る量を生産可能です。特に真夏日が増えてきた日本列島において、ソーラーパネルへの期待感が増すばかりです。

環境に優しい発電方法として期待されています

日光は言わば無尽蔵のエネルギー源であり、化石燃料とは違い取りつくす事が物理的に出来ません。火力発電所の欠点は、大量の化石燃料を消費する事です。石油や石炭は人々の生活に欠かせない大切な資源ですが、埋蔵量に限りがあります。既に人類は数え切れないほどの化石燃料を消費しており、今後も安定的に石炭や石油が調達出来るかは未知数です。希少価値が上がれば日本への輸入量が低下し、火力発電所が安定的に動かなくなるかもしれません。他にも火力発電所は大量の温室効果ガスを排出するとされ、地球環境に与える負荷が大きいと指摘されています。

太陽光発電は対照的に地球環境に優しい発電方法として期待されています。発電によって地球温暖化に悪影響を与えるリスクがなく、無尽蔵の太陽光を材料に半永久的にクリーンエネルギーが生産出来るのが利点です。僅かなスペースでもパネルさえ設置出来れば、そこが太陽光発電所になりますので、森林を伐採したり大規模な開発をして、施設建設を行う必要がありません。システム自体の環境負荷が非常に小さいのもソーラーパネルの利点であり、すでに日本国内でも環境問題への取り組みが熱心な企業や自治体がパネル設置を急ピッチで進めています。

副収入としても太陽光発電は注目されています

ソーラーパネルを設置する一戸建て住宅が増えて来ました。光熱費をお得にする目的で設置する家庭がほとんどです。その利点に加えて、太陽光発電には副収入を得られる可能性が秘められています。設置する環境や街の環境に左右されるものの、家庭で消費される以上の発電量をパネルで生産出来れば、余った分の電力を地域の電力会社へ売却できます。いわゆる売電という副収入の得方があり、すでに多くの一般家庭が余った電気を売却しています。クリーンエネルギーは通常の電気よりもワンランク上の相場で買取をしなければいけない、こういったルールがあり、晴天の日が多い地域であれば光熱費がお得になるだけではなく、安定的な副収入を得る手段にもなり得ます。

2020年の太陽光発電の価格は、設備を設置するための費用が145万円(設置容量5.00kW)程度で、以前より価格が下がっています。

© 2020 . Your Own Service Business All Rights Reserved.