人材不足はこれで解消!営業代行会社とは?


営業代行とは?その効果は?

近年では、人手不足が課題となっている企業が多くあります。自社の商品をアピールする営業分野も例外ではありません。また、営業をしているが期待した成果がでない、新人を育成する手間やコストがかけられない、などの悩みが聞かれます。そんな時は、営業代行に依頼するという選択肢を考えてみてもいいかもしれません。

営業代行とは、電話、対面、展示会、など様々な形態で、企業の商品をアピールし売り込むサービスです。新規の事業を立ち上げたので売り込み方のノウハウが確立していない場合や、営業職の人材が不足している、または育てる時間や費用が工面できない場合などに効果的です。場合によっては代行だけでなく、その企業の営業戦略の提案や、コンサルティングまでカバーしている会社もあります。

依頼前に確認しておきたい事項も

営業代行の社員は高いスキルや幅広い人脈で営業をして顧客を獲得してくれるでしょう。新人を一から育てるのに比べて即戦力となります。しかしその一方で、営業代行サービスを終了した途端に顧客が離れて行ってしまうこともあります。

また、営業代行社員は、代行している会社の社員ではないため、細かく実態を把握することが難しいとも言えます。獲得数だけを見て無茶な営業をしている場合、クレームにつながるおそれがあります。

営業代行の会社の提案する内容が、自社にとって費用対効果が高いものなのか、中長期的に見ることも必要です。一時的な顧客獲得では結局マイナスになってしまいます。成績にこだわりすぎると、数をとりやすい案件ばかりに注力し、時間のかかる案件が後回しになっている場合もあります。

効果的に営業代行を利用するためにしておきたいこと

依頼する前に必ずしておきたい事は、自社の課題を整理しておくことです。営業職の一時的な人手不足なのか、営業戦略を根本から見直したいのか、強みと弱みを洗い出すことで、よりニーズに合った代行会社を選ぶことができます。営業代行会社の中でも、営業人材の育成を得意とする、テレアポが強い、サービスなど形のないものの営業ノウハウがある、など特色があります。複数見積もりを出して、比較してみましょう。

営業代行会社は営業のプロ集団です。営業人材育成の相談や、戦略、アドバイスなど、自社だけでは気づけなかった新たな課題や解決方法を提示してくれるでしょう。目まぐるしく変化するマーケットにおいて、競争は激化しています。ニーズにあった営業代行会社に依頼することで、売上アップ、顧客の新規獲得の効果的なツールとなるでしょう。

社内で営業スタッフを育成するよりも、営業代行を利用することで迅速に利益アップを期待することが出来るようになります。

© 2020 . Your Own Service Business All Rights Reserved.