どうやって選ぶ?貸し倉庫の目的別の選び方


貸し倉庫を利用する目的を整理する

貸し倉庫を利用する目的は、人によって様々でしょう。人によっては、転勤や就職、就学に合わせて引っ越す必要があり、一時的に荷物を預けて時間をかけて荷物の整理をしたいという人もいれば、海外留学や転勤の間といった短い期間だけ家賃を払わずに済むように賃貸の解約をしたので荷物を預けておきたいという人もいます。このほか、家の中に収納しきれなくなったから荷物を預けることもあれば、家の建て替えの間荷物を預けたいという人もいますよね。貸し倉庫を利用するためには、まずその貸し倉庫を借りる目的をしっかりと整理することが重要です。これにより、貸し倉庫を利用する期間、貸し倉庫に預ける荷物の内容が決まり、利用すべき貸し倉庫の種類も決まります。

貸し倉庫の種類から見る特徴

貸し倉庫には運用形態から二つに分けることができます。ひとつが倉庫会社が運営する貸し倉庫で、もうひとつが倉庫会社ではない会社が運営するレンタルスペースや屋外コンテナです。これらの大きな違いは、荷物の保管管理の義務があるかないかであり、管理状況が大きく異なってきます。倉庫会社が運営する貸し倉庫は、保管義務があるので、セキュリティが厳重であり、営業時間外の荷物の持ち出しは難しいことが多いです。一方で倉庫会社ではない会社が運営する倉庫は、セキュリティレベルはまちまちで、荷物の管理方法も自己責任となります。これらに注意して選ぶことが重要といえるでしょう。

保管環境から考える選び方

貸し倉庫を長期間利用するのならば、貸し倉庫の保管環境がどのようになっているのかが重要です。貸し倉庫に預けるものは様々ですが、長期間預けている間に高級な毛皮のコートにカビが生えてしまったといった状況や、ワインを保管していたら湿度が高すぎて変質してしまっていたといったような状況になってしまっては残念ですよね。このようなことにならないためにも、預けるものとそのものに合わせた保管環境を整えることが重要です。衣服やアルバム、書籍といった湿気や水分に弱いものを預けるのならば、湿度管理がしっかりとしている貸し倉庫を選ぶことが必要となります。精密機械を預けるのならば、埃が入らない環境や磁気が影響しない環境が必要です。

運搬サービスがあるかどうかの選び方

貸し倉庫は、どの位置にあるのかといったことも重要です。頻繁に使用するのならば、自宅に近い倉庫、あるいは交通利便性が確保された倉庫でなければ利用することができないですよね。頻繁に利用するのではなくても、車で倉庫まで行くのならば近くにパーキングエリアが必要です。もし車を所持していないのならば、貸し倉庫に運搬サービスがあるかどうかを確認すれば便利でしょう。

ネットで注文したものが正確にあなたの元へと届く。そのスピードと確実性を支えているのが、細やかな日本の物流システムです。

© 2020 . Your Own Service Business All Rights Reserved.