タイムレコーダーって導入すべき?タイムレコーダーのメリットとデメリット


出勤と退勤の時間を把握できる

タイムレコーダーを導入することのメリットとして挙げられるのが、時間管理がしやすくなることです。タイムレコーダーがあることで出勤や退勤の時間が把握しやすくなります。出勤や退勤の時間が正確に把握できれば、時給の計算が行いやすいだけでなく残業時間や休日出勤の時間の計算も行いやすくなるでしょう。タイムレコーダーがあれば勤怠管理も行いやすいです。長時間働いている人や真面目に働いている人、休みがちな人などのデータが全て管理できるので、社員個人に対する評価がしやすいと言えます。タイムレコーダーの記録を見ながら、社員に出すボーナスの金額を変えてみるのも良いかもしれませんね。

タイムレコーダーの記録を改ざんされる可能性もある

タイムレコーダーを導入することのデメリットとして挙げられるのが、記録の改ざんが起こりやすいことです。基本的には自分でタイムレコーダーを使用することで、その人の出勤や退勤の記録が残ります。しかし、不真面目な社員は誰かにタイムレコーダーの使用を任せて出勤や退勤の時間を偽る可能性があるのです。そうなれば嘘の記録が残っていることになるので、勤怠の評価が正確に行えなくなるでしょう。またタイムレコーダーの管理を行う人が仲の良い人のデータを書き換える可能性も考えられます。この場合にも社員の評価が正確にできないという問題が出ます。このような問題を解決するためには指紋認証タイプのタイムレコーダーを導入するのが良いと言えます。指紋認証タイプのものであれば代わりに打刻してもらうということもなくなるので、正確な評価が行いやすくなるでしょう。

タイムレコーダーは、時刻や時間を計測する機器です。日本では出勤記録などに使用し、雇用者の勤怠管理を行う場合が多いです。

© 2021 . Your Own Service Business All Rights Reserved.